キャンディのお話
キャンディのお話
パインアメの秘密
バーチャル工場見学
キャンディ豆知識

キャンディ豆知識

製品に使用している原材料や添加物の情報や、キャンディの歴史などを紹介します。

  • 基礎知識
  • 砂糖
  • 水飴
  • 香料
  • 着色料
  • 酸味料
  • 基礎知識 キャンディの語源と日本のキャンディ歴史 キャンディの種類と分類 当社の製品について
キャンディの語源と日本のキャンディ歴史
キャンディの語源には、アラビア語の砂糖を表す"QUAND"からきたという説、ラテン語のCAN(砂糖)とDY(型に流し固める)からできたという説、さらにはインドのもっとも古いお菓子で"Kandi"と呼ばれる棒の先に砂糖の結晶のついたものがCandyの語源であるという説など複数の説があります。

一方、日本のキャンディの歴史は飴から始まります。"あま""あまい"が語源とされ、日本書紀にも飴の記述があります。古くは神への供物とされ、平安時代には貴族の薬用にされていたようです。その後しばらくの間、飴は大きな発展を見ないままでしたが、江戸時代の初期になって麦芽を使い大量に生産されるようになりました。現在のキャンディの多くは、明治時代に欧米から入ってきたり、この時代に作り始められたものです。

その後、時代とともに新しい種類を増やしてきたキャンディは、近代設備の開発とともに格段の発達を遂げ今日に至っています。
キャンディイメージ ページの上部へ
キャンディの種類と分類
キャンディは砂糖や水飴を主原料としてつくった菓子の総称です。その種類は非常に多く、様々な分類法が考えられます。ここでは、一般的なキャンディの分類と多くのお客様からご質問頂くシュガーレスキャンディとシュガーレスでない普通のキャンディの違いについて簡単にご説明いたします。
キャンディの分類
キャラメルソフトキャンディミルクキャラメル
コーヒーキャラメル
チョコレートキャラメル
ヌガーヌガー
タフィハードキャンディブリットル
バタースカッチ
クランチ
ドロップフルーツドロップ
コーヒードロップ
チョコレートドロップ
ミンツドロップ
飴菓子バターボール
乳菓
梅干あめ
翁あめ
有平糖
ごま玉
錠菓(清涼菓子)錠菓
ラムネ菓子
乾燥物フローレット
シュガーバー
メレンゲ
ゼリー果実ゼリー
乾燥ゼリー
マシュマロマシュマロ
ボンボンフルーツボンボン
ウィスキーボンボン
掛け物ソフト掛けチャイナマーブル
アザラン
ドラジェ
金平糖
ハード掛けゼリービーンズ
シュガーレスキャンディと普通のキャンディはどう違うの?
冒頭で『キャンディは砂糖や水飴を主原料としてつくった菓子の総称』と言いましたが、これはいわゆる普通のキャンディです。これに対し、1970年代になって糖アルコール類(マルチトール、還元パラチノース、キシリトール、還元水飴など)が開発され、キャンディの主原料に使用されるようになりました。そうして「虫歯になりにくい」や「カロリーが低い」などの機能が期待できるシュガーレスキャンディが誕生しました。店頭では"シュガーレス"という表示を一番多く目にするようですが、"シュガーレス"、"シュガーフリー"、"ノンシュガー"は同じ意味で、これらの表示を商品包装に記載するためには、ある条件をみたしていなければなりません。

それは『食品100g(100g)当たり、単糖類及びニ糖類が0.5gに満たないこと』です。

数字に惑わされそうですが、要するに"単糖類とニ糖類を使って製品を作ってはダメ"と解してください。ところで、単糖類とニ糖類って?お答えしましょう。これはブドウ糖、果糖、ショ糖(いわゆる砂糖のことです)、乳糖などのことです。

話を戻しますが、シュガーレスキャンディを作る場合は主原料に砂糖・水飴ではなく、糖アルコール類を使うことになります。実際にはマルチトール、キシリトール、還元パラチノース、還元水飴などを組み合わせてキャンディを作っていくことになります。

参考までに、“シュガーレス”という表示と“砂糖不使用”という表示の違いに関する質問が多く寄せられていましたのでご説明します。 “砂糖不使用”という表示は『原料として砂糖を使用していない』ということであって、“シュガーレス”とは同じではありません。ですから、麦芽糖やブドウ糖、水飴などが配合されていることが多く、“砂糖不使用”のキャンディはむしろ砂糖・水飴ベースのキャンディの仲間と理解していただくのがいいと思います。
ページの上部へ
当社の製品について
当社ではパインアメを中心にあわだま、どんぐりガムミックスなどの袋物商品、携帯に便利なスティックタイプ、棒付きキャンディなどお子様にお召し上がりいただきたいポケット物など各種製造しています。砂糖、水飴タイプのキャンディの場合はレシピのコーナーでご覧いただけるような生地に酸味料、香料、着色料などの添加物を加えて、製品に仕上げていきます。

パインアメ、あわだま、どんぐりガムミックス シュガーレスタイプのキャンディの場合には、最適の糖アルコール類の組み合わせ、配合バランスを綿密に組み立てて製造しています。

昨今は食品添加物や表示に強い関心を持たれているお客様がたくさんいらっしゃいます。そこで、キャンディに使用します原材料と主な添加物についての解説に進んでいきます。
次は砂糖について学ぼう

Copyright (C) 2007-2008 PINE Co.,LTD All rights reserved.